2019年5月21日火曜日

おいしいサバの押し寿司「おせずし」

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、富山県の人気ご当地寿司で、地元では祝いの場などで提供される、
サバの押し寿司の「おせずし」です。

こちら、富山県魚津市に伝わる郷土料理、ご当地寿司のひとつで、焼いたサバの身をほぐし、ご飯の間に挟み、重ねて(主に3段に)、その上に海苔を乗せ、押しぶたをして寝かせて作る押し寿司です。

魚津市を中心に、富山でめでたい日などに家庭で作られ、出される、ハレの日の料理になります。
お祝いの席では一升のお米を使って大きなものを作るが、普段の食卓ではハガキくらいのサイズでお皿に盛られるそうです。

新鮮な魚介が手に入る富山県らしい料理で、これだけでもおいしそうですが、
さらに、季節によっては、この押し寿司中に、サバだけでなく、ミョウガやクルミなどを入れることもあるそうで、より香りが立ち、おいしいご当地寿司になります。

他県、他地域ではなかなか食べられないお寿司だけに、
富山に訪れた際にはぜひ一度食べてみたいお寿司のひとつです。

なお、こうしたお寿司を次代に繋いでくために、このおせずしの作成体験を行っている施設などもあるそうで、楽しく作って味わい、郷土の味をかみしめるのもよさそうです。
通年行われていて、申し込めば誰も行けるそうですので、旅行の際に事前に申し込んでおく等でもおもしろそうですね。

https://uozu-kanko.jp/greentourism/plan11.html

参考:作成動画↓


こうちゃん

2019年5月15日水曜日

何層にも重なるきれいな押し寿司のこけら寿司

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、高知県の名物で、きれな重ね押し寿司の

こけら寿司

です。
こけら寿司とは、高知県東洋町の人気郷土料理のひとつであるご当地寿司で、
ほぐした焼魚の身を、ゆず酢で作った酢飯に混ぜ込み、その酢飯の上にしいたけやにんじんなどを散りばめ、また、その上にさらにご飯をのせて、具材を散りばめてと、幾重にも重ねて作る押し寿司の一種です。

見た目のインパクトなどで、お祝いの席、神事、お祭りなどに欠かせない郷土寿司となっています。



こうちゃん

2019年5月11日土曜日

飛騨の香り高い朴葉寿司(ほおばずし)

こんばんは、こうちゃんです

こちらは朴葉の香りが素敵な郷土寿司のひとつ、長野県の、

朴葉寿司(ほおばずし)

です。
朴葉寿司(ほおばずし、ほうばずし)は、日本の中部地方・近畿地方の一部地域に伝わる郷土料理。岐阜県、長野県、奈良県などに見られる。魚や山菜などを具材としたちらし寿司をホオノキの葉(=朴葉)で包んだもので、携行食として持ち歩き、農作業や木こり仕事の合間などに食する。朴葉に包んであるため食事の際に手が汚れにくく、また酢飯や朴葉自体の殺菌効果により日持ちが良いのも特長である。


朴葉味噌などのように、朴葉にくるむと殺菌作用や、香りがよくなることで、昔から郷土料理、特に飛騨地方などでは料理に朴葉がよく使われています。

なかなか都心では見かけませんが、飛騨高山の有名な朝市に訪れた際や、シンプルに長野旅行で探してみるとおもしろいかと思います。



こうちゃん






2019年5月3日金曜日

大洗名物あんこう寿司

こんにちはこうちゃんです。

国内でも有数のあんこうの水揚げを誇る、茨城県は大洗で、
数々のあんこう料理が作られ人気なわけですが、
意外や意外、あんこうのお寿司もあります。

世間で定番のあんこう料理というと、おつまみで人気のあん肝や、あんこう鍋ですが、
現地では新鮮なあんこうが大量に手に入りますので、
お寿司でも食べられるようになり、今では名物ご当地寿司となっています。

身肉は水分多めではありますが、うまく昆布締めなどで水分を飛ばしたり、
あん肝などはゆでたり蒸したりして硬くして、寿司のネタとして使います。

市内のお寿司屋さんなどでは、
例えば、身肉の寿司、あん肝の寿司、皮の寿司、などが一揃えで出てきます。
あまり産地から離れると寿司にしづらいのか(鮮度の都合もありますし)、なかなか食べられませんので、ぜひ大洗近辺で機会見て召し上がってみてください。


こうちゃん

2019年4月17日水曜日

ごはんを借りるほどおいしいママカリ寿司

こんばんは、こうちゃんです。

今回ご紹介するのは岡山県の名産のお魚、ママカリを使った人気のお寿司、
ママカリ寿司
です。

ママカリとは、コノシロと近縁で似ているニシン科のお魚、サッパの岡山県での別名です。
この魚がおいし過ぎてごはん(ママ)があっという間になくなってしまうため、隣の家からごはん(ママ)を借りてこなくてはいけなくなる、という由来の名前です。

ママカリ寿司は、そんなママカリを開いて塩でしめ、酢につけて握った握り寿司になります。さっぱりとした、そして繊細な味わいなため、醤油もわさびもなしで、そのままでもいけます。
酢と塩の味、それとママカリ自体の風味だけでおいしいと評判です。

岡山県では、もちろん中心街をはじめ至るところのお寿司屋さんですとか、居酒屋のメニューの一部にあったりしますし、
人気なので、ママカリが獲れて、食されている瀬戸内地方でしたら、中国地方側では、多くの地域で作られ、食されております(なぜか四国側では少ないですが)。


なかなか食べに行く機会は少ないかもしれませんが、
最近では他地方でも、岡山県の郷土料理のお店なども出てきましたし、機会があればぜひお試しくださいませ。



こうちゃん

2019年4月3日水曜日

伊勢志摩の人気漁師寿司手こね寿司

こんばんは、こうちゃんです。

今日は三重県は伊勢志摩地方発祥の人気のご当地寿司、
手こね寿司をご紹介。


手こね寿司(てこねずし)とは、今では全国各地に見られるちらし寿司の一種ですが、元は伊勢志摩地方の漁師メシとして生まれたと言われています。
手こね寿司でなく、手ごね寿司と呼ばれることも。

基本的な作り方ですと、マグロやカツオのような定番の赤身の魚の切り身を醤油などのタレに漬け込んでヅケ化してから酢飯に合わせ、ちらし寿司のようにします。
鰹や鮪などの赤身の魚を醤油を中心としたタレに漬け込んだ後、寿司飯へと合わせて食べる。好みにより、大葉や生姜、海苔などをちらす。観光案内では漁師が漁の合間に食べた食事がもとであり、考案したのは志摩町和具(志摩市)の漁師とされ、沖での忙しい鰹漁のさなかの食事として、獲れた鰹を千切りにして醤油を付け、炊きたてのご飯に手で混ぜて食べたのが始まりとされる。

昭和20年代までは寿司飯の上に魚の切り身を乗せるだけであったが、昭和30年代以降に海苔などを上にかけるようになった。昭和40年代に地方色のある観光客向けの郷土料理として着目され伊勢市にも広まり、伊勢うどんと並ぶ伊勢志摩を代表する郷土料理として知られるようになった。

三重県は多くの新鮮な海産物が獲れますので、必然、それらを使ったおいしいお寿司も多々登場していますので、現地などに行くといっぱいある握り寿司のお店などと並んで、こうした手こね寿司を出すお店も楽しめます。
手こね寿司の場合、何もお寿司屋さんじゃなくても、例えば居酒屋、定食屋さんなどのメニューに入っている場合もあります。



こうちゃん

2019年4月2日火曜日

島寿司

こんばんは、お寿司大好きこうちゃんです。

今回は生まれ故郷の東京都のご当地寿司からひとつ、
といっても、主に南部の離島での名産なのですが、人気のご当地寿司のひとつ、
島寿司をご紹介します。


島寿司(しまずし)は東京都の伊豆諸島にある八丈島の郷土料理で、握り寿司の一種である。

寿司種を薄く切り醤油主体のたれに軽く漬けて醤油漬とし、砂糖でやや甘味を強くした酢飯で握る。この際、ワサビの代わりに練りがらし(粉がらしを練ったもの)を使うのが特徴である。醤油に漬けた寿司種の色から「べっこうずし」とも呼ばれる。

島で水揚げされる白身の魚を中心に、鯛(メダイ、オナガダイ、アオゼ、キンメダイ等)、マグロ、カツオ、カジキ、シイラ、トビウオ、イサキ、カンパチ等が使用される。伊豆諸島南部及び八丈島からの移住者が多い小笠原諸島でも作られており、小笠原ではサワラを使うのが一般的である。また、戦前には硫黄島でも作られていた(酢の代わりに島で栽培されていたレモンを用いる事もあったという)。島のりと呼ばれるイワノリの佃煮の握りを一人前に一つか二つ添えることも多い。

伊豆諸島では温暖な地域で寿司を食べるために明治以降に独自の技法が発達した。ワサビの代わりにからしを使うのは、八丈島や小笠原諸島でワサビが手に入らなかった時代の名残りである。一方、伊豆大島では醤油に「青とう」と呼ばれる辛味の強い青唐辛子を加えたたれに漬け込む。酢飯の甘みはさほど強くなく、練りがらしは使わない。基本的には握りに作るが、甘酢生姜や島のりを混ぜた酢飯に魚を乗せて、ちらし寿司風に作ることもある。伊豆諸島では刺身を食べる時にもワサビの代わりに青とうが普通に使われている。

~ wikipedia参照

一見すると、他地方でも食べられる一般的な握り寿司のようにも見えますが、
ほぼすべてが醤油に漬け込むヅケのようになっていて、色が特徴的であったり、
島ではわさびは取れないので練りがらしをつけたりするところが特徴です。

島ではもちろん魚介類はよく獲れますので、地方のご当地寿司に多い、野菜等の漬物寿司などに比べると魚介たっぷりで、普通のお寿司にかなり近いものになります。

多少訪れるには遠いところではありますが、島に訪問の際にはぜひ食べてみたいお寿司であることは間違いないです。

なお、東京の島でもあるし、また沿岸は神奈川であることから、この島寿司は、今では東京や神奈川の、島料理を食べさせてくれるお店などで、徐々に登場するようになり、
食べられるところがありますので、口に入る機会も増えうれしい限りです。

↓島寿司の紹介動画も


こうちゃん

2019年3月27日水曜日

イカ寿司

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、青森県の名産ご当地寿司のひとつで、
寿司というより、ややおつまみ感覚の、

イカ寿司

です。

寿司とは言いながらも、一般的にお寿司屋さんで見るような、イカの切り身を握って作るイカの握り寿司とは違いまして、また、有名な函館名産のイカめしともまた違いまして、
青森ならではの独自の進化を遂げたお寿司です。

このイカ寿司は、
青森近海で獲れるおいしい新鮮なイカを湯通しし、その胴の中に、刻んだイカゲソや、食感のいい各種お野菜(主にキャベツやニンジンなど)、さらに漬物などを詰め込んだものです。
冷涼な環境で1日~2日の塩漬け、酢漬けなどでおいしく食べられるとのことです。

あまり他の地方では見かけず、イカを丸まま使うとなると、どうしても函館のイカメシなどに目が行ってしまいますが、
こちらは、青森県内でしたら、スーパーなどでも手軽に手に入る、また、海辺などでは家庭でも作られているような、人気・定番の郷土の味です。
もし機会があればぜひ手にとってみてください。

最近では他地方、例えば関東圏などでも、青森県の郷土料理屋さん、物産展、なども増えてきまして、青森特有の食べ物を食べられる機会も増えていますので、
ぜひ機会見てご賞味くださいませ。

こうちゃん

2019年3月12日火曜日

ハタハタ寿司

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、秋田県名物の、ハタハタ寿司のご紹介。


ハタハタ寿司(ハタハタずし)とは、秋田県の郷土料理で、ハタハタ(鰰)を用いた飯寿司(イズシ)の一種、発酵ずしである。ハタハタ漬けとも。

江戸時代においてハタハタは安価な魚であり、貴人には好まれなかったものの民衆の間で人気を得ていた。ハタハタ寿司は海岸部だけでなく秋田全域で食べられており、昭和初期の東部山地といった普段は海産物を口にする機会が少ない地域でも年末になると箱に多く詰められた塩ハタハタが寿司にされた。一匹の姿のまま漬ける「一ぴきずし」、頭だけ落として漬ける「全(まる)ずし」、切り身にして漬ける「切りずし」とがある。祝宴の場で供される一ぴきずしが最も格式が高いが、店舗で販売されるハタハタ寿司は全ずしが多い。
wikipedia参照


寿司といっても、よく見かける握り寿司の類ではなく、発酵寿司、熟れずしなどの類なので、多少独特の発酵臭があり、そういった風味も含めて楽しむお寿司ではありますが、苦手な方ももちろんいらっしゃいますので、注文・購入時にはそれを理解の上で選んでください。
ハタハタ自体は焼いて食べることが多いお魚ですが、こうしてしっかり漬け込んで味をなれさせたものも絶品です♪
さすが秋田では県魚に指定されてるだけありますね。

こうちゃん

2019年3月9日土曜日

大分県の人気寿司ひたん寿し

こんばんは、こうちゃんです。

全国的にはあまり知られていなくて珍しいご当地寿司のひとつ、ひたん寿しです。

ひたん寿しとは、大分県日田市のご当地グルメである。
日田産の野菜、川魚を材料に握られた寿司。日田すし組合加盟の4店舗で提供されている。

様々な海の幸を握ったお寿司は数あれど、川の幸である川魚を握った握り寿司は珍しいです。
鮎やうなぎといった川魚を若干小さな握りにし、さらに土地で獲れたお野菜、山菜などのお寿司と一緒に並べます。
海から離れていたり、すぐに新鮮な魚が使えなくても、おいしく華やかなお寿司が食べられ、名産のご当地寿司となっています。


こうちゃん

2019年3月7日木曜日

香り高い柿の葉すし・柿の葉寿司

こんばんは、こうちゃんです。

今回は保存と香り付け、両方の面で優れた、奈良県中心のおいしい郷土寿司である、
柿の葉寿司のご紹介です。

柿の葉寿司(かきのはずし、またはかきのはすし)は、奈良県・和歌山県、および石川県、鳥取県智頭地方の郷土料理。奈良県・和歌山県と石川県、鳥取県では作り方・形状が異なる。
鯖・鮭などが両地域で使用される主な材料(ネタ)だが、奈良県・和歌山県では鯛、穴子、椎茸、石川県では鰤、鳥取県では鱒を地域特有のネタとして使用している。
国産牛を用いたローストビーフをネタにした柿の葉寿司「柿の葉肉寿司」が大阪で販売されている。

このように他地方で作られておりまして、それぞれに作り方や材料の工夫もありますが、主に元祖?というか古くからシンプルながら愛される作り方の奈良の柿の葉寿司をご紹介していきます。
柿の葉寿司は、一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで押しをかけたすし。場所によっては、昆布を巻いてから柿の葉を巻くところもある。表記は”柿の葉すし”とするところも多い。柿の葉は取り除いて食べる。
押し寿司というと、昔から押し寿司を伝統的に作っていてよく食べる大阪のものなどが有名で、桶などに酢飯と魚を入れて重しをかけるような、作る段階では握りのような形になっていないものが多いですが、こちらの奈良の柿の葉寿司では、少々手間でも、握りのように、ほぼ1貫分くらいの大きさずつわざわざ柿の葉に包んで、軽く押しをかけて作る押し寿司です。

多少手間でも、こうして柿の葉で包むことで、柿の葉の抗菌効果で保存性がよくなることや、乾燥が防げたり、さらには葉のよい香りが移ったり、お寿司としてのよさが増すため、古くから愛される郷土寿司になっています。
もちろん生ものを使っておりますので、さすがに奈良のものをそのまま食べられる機会は少ないかもしれませんが、今では他地方でも作られたり、駅弁などでおいしく商品化されていたり、少しずつですが、口にする機会も出てきていますので、
お寿司好きの方でしたら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

こうちゃん

2019年2月22日金曜日

宮城県特産ふかひれ寿司

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、高級食材としても名の知れた海産物のひとつ、ふかひれを用いたお寿司、
宮城県は気仙沼周辺の名産のふかひれ寿司です。

ふかひれとはサメのひれを乾燥させて食材にしたもので、
中華料理では昔から高級食材として珍重されております。

そんなふかひれが、宮城県では実は日本一の生産を誇り、またその質のよさから、
本場中国にも輸出しているほどなのです。

そんなふかひれを、中華料理では、しっかり味を染みさせるべく煮て、
ふかひれスープや、姿煮、ラーメンに使ったりもしますが、
このふかひれ名産の地宮城では、
なんと驚き、お寿司にも使ったりします。

中華で使う時には柔らかくトロけるようなほど煮込みますが、
お寿司の場合はやや硬さの残るくらいに煮て、濃いめの味を染みさせ、軍艦等にしてお寿司とします。
これがまた、ふかひれの濃厚な旨味がじっくり味わえて大変美味です。
もちろんスープ用のような味付けではちょっと薄めの味になりがちですので、
結構濃いめの味付けで煮含めたふかひれを使用します。

ふかひれ寿司なんて言うとハイカラで最近のもののように思われがちですが、
この宮城県や、特に気仙沼市中心では、昔からふかひれ作りが盛んだったのもあり、古くから作られ、愛されてきているお寿司です。
地元な気仙沼市の近辺は漁港が近くお寿司屋さんの多い町ですからよく食べられますし、
最近では都会のお寿司屋さんにもこうしたふかひれ寿司が登場することもあるようになってきました。

こうちゃん

2019年2月8日金曜日

北海道名産のえぞずし

こんばんは、駅弁大好きこうちゃんです。

今回もちょっと何度かこのブログで特集させていただいている、北の海鮮の宝庫、北海道より情報を。

北海道は苫小牧駅あたりで駅弁として作られている、
「えぞずし」
です。

えぞずしとは、なかなか本州ではなじみがありませんが、北海道の鉄道関連で定番のおいしい品で、
駅弁の容器の中に、えびやカニ、ホタテのような北海道の海の幸と、コーンやきのこ類、山菜などの山の幸を乗せたちらし寿司のようなものになります。

山菜やコーンなどを用いた、魚介以外の具材用いたお寿司の走りとも言えるお寿司です。
畑の実りと、海の幸を両方楽しめて、さらに魚介の量が抑えられていることで、あまり高価にならないために、観光客、長距離移動客などが手軽に食べられる、というメリットもありまして、
自然豊かな北海道ならではの料理、駅弁ということで、大変人気です。

駅弁としての用途がメインなため、どうしても他地方ではなかなか食す機会はありませんが、旅行でも仕事でも、北の大地へ行った際にはぜひ食べてみたい一品ですね。

こうちゃん


2019年1月24日木曜日

北のカニ名物たらば寿し

こんばんは、こうちゃんです。

北海道では、いや、全国に、タラバガニを使った握り寿司ももちろんあるのですが、
この北海道名物のたらば寿し、
これは商品名として北海道にあり、タラバガニを一面に敷き詰めた豪華な駅弁・ご当地寿司の名称です。


主に、駅弁容器に敷き詰められたごはんの上に、湯がいた太いタラバガニの足がおかずとして乗せられた名物弁当です。
タラバの足の肉は太く食べ応えがあり、これはカニ好きにはたまらない、北海道に訪れたら一度は食べたい逸品です。

特急などのホーム、駅構内で、旅のお供用としてよく売られていますので、
旅行でもお仕事でも、北海道に訪れて、長時間乗車の前には、ぜひ買っておきたい一品です☆機会を見つけてぜひどうぞ。
なお、最近では北海道物産展なども多いため、他地方でも見かける機会も増えてきました。

こうちゃん

2019年1月17日木曜日

愛媛の豪華郷土寿司の松山鮓

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、四国は愛媛県の名物ご当地寿司である、松山鮓のご紹介です。

松山鮓(まつやまずし)は、愛媛県の松山地方に伝わる郷土料理である。祝い事や訪問客をもてなす際にだされ、瀬戸の小魚の旨みを活かした甘めの鮓飯が特徴となっており、地魚がちりばめられているばら寿司である。


一番の特徴は、エソやトラハゼなどの「瀬戸の小魚」でダシをとった甘めの合わせ酢で寿司飯を作り、その中に刻んだアナゴや季節の野菜をもぶす(混ぜ込む)ことにある。そして、その上に錦糸卵をちらし、最後に季節に応じた瀬戸の魚介類をお好みで盛り付ける。

本格的な料理店ではウニやクルマエビを使って豪華に、居酒屋では酒の肴になるよう刺身を中心に、また、食堂ではじゃこ天やシメサバなどのリーズナブルな食材を盛り付けるなど、様々な場面に応じたバラエティー豊かなメニュー作りが可能となる。

地魚を豊富に使ってることで、なじみのある地元の味で、お祝いの席などでも喜ばれて、すっかり定着しているお寿司のひとつです。


なかなか珍しくておいしいお寿司ですが、他の地域ではなかなか食べられませんので、
例えば愛媛の郷土料理店まどで見かけましたらどうぞお試しください。

こうちゃん

2019年1月10日木曜日

山口県の人気押し寿司岩国寿司

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、なかなか他地方では知られていないご当地寿司のひとつ、
岩国寿司(いわくにずし)です。

岩国寿司(いわくにずし)とは山口県岩国市周辺で作られる押し寿司の一種。
岩国藩初代藩主の吉川広家が合戦に備えて作らせた保存食が町民にも広がったという説もあり、「殿様寿司」とも言われる。
地元では「角ずし」と呼ばれることも多いが、広島地域で食べられる角寿司とは若干製法が異なる。

大きな木枠の中に、酢飯の上に春菊などの青菜、岩国名産の蓮根、椎茸、錦糸卵などをのせ、これを何層にも重ね、サンドイッチ状にし、重石でしばらく押し固め、木枠を抜いて、一人前サイズに切り分ける作り方である。
できあがった大きな押し寿司を一人前ずつに切り分けて供するため、岩国では人の集まるハレの日に欠かせない伝統料理となっている。
錦糸卵などで彩られ、切り分けた後でエビなどを後のせすることもあり、見た目はちらし寿司風であり、できあがりの見た目が鮮やかである。

押し寿司なのであまり海鮮は使われず、特に地元の野菜などを利用しますが、最後に海老などを乗せることで豪華さも伴います。


こうちゃん

2019年1月3日木曜日

あけましたw

あけました
おめでとうございますww

こんばんは、こうちゃんです。

まだまだ記事も紹介知識も少なくてすいませんが、
今年こそ例年以上に張り切って暴れていきますので、
(暴れて、というか、内容充実を図ります)
どうぞ本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

少しずつ楽しめる記事も増やして素敵なブログへと成長させていきます。

こうちゃん